公務員への転職を30代で考えてみる

転職を考える上で遅いか早いかは正直分かりません。
こんな時代だからこそ、いつでも転職の可能性はあり誰にもリスクがあります。
30代となると一般的には結婚等の人生の転機が見えたりもします。仕事においてもそうでしょう。
年齢に関係なく常に色々考えなくてはならないのですが、社会人として10年近くの経験を積んだ30代では仕事への疑問から今後を見据え転職を考える方も多いようです。
そこで転職の目標を公務員に定める方もいるでしょう。今回は30代で公務員を目指すその時を書いてみます。

30代ですから前述の通り社会のイロハもある程度分かり、転職の難しさも分かっているはずです。
そこであえて公務員を目指す訳ですから、ある程度の遠回りも必要になるかもしれません。

公務員を目指す上で絶対必要なのは「試験」がある事です。税金を基にお給料を頂く訳ですから一定の能力を求められるのは当然でしょう。
参考書を買い自分で勉強する方法もありますが、専門学校に入るという方法もあります。
あまり知られていない?ようですが、30代でも入学可能な公務員専門学校があるという事です。
30代になるまで仕事をしてきている訳ですから、ある程度の貯蓄がありこういった学校に入って試験対策とする方法も可能です。

自分で転職を目指した事、しかも公務員となればある程度の覚悟はしているかもしれませんが、やはり一旦は勉強という遠回りをしなくてはならない訳ですから大変な事は言うまでもないでしょう。
目的としている公務員の種類にもよりますが、1からのスタートとなり下積みも必要となります。
こういった面を考慮しておかなくては、たとえ公務員になれたとしても続かないというリスクもはらんでいます。この度合は職種で大きく違ってきます。

知識や経験を備えている30代ではあるものの、やはり身体的・精神的な面は20代より劣る部分もあります。
逆に30代である事で面接等が有利に進められたりといったメリット的な面もあります。

転職を考えるのインスピレーション的な部分で思いついたりするでしょう。
ですが、その転職を為したその後の全体像までをイメージしなくては大きなリスクが隠れているという事を忘れてはなりません。