テーマの通り疑問に思う方もいるでしょう。筆者もそうでした。公務員になる為に手助けなんて専門学校ぐらいなものでしょ?というのが一般的で実際にそうなのです。
では公務員への転職を目指す時、転職エージェントは役に立つのでしょうか?少し考えていきましょう。

公務員に転職を考える時、当然前職は民間若しくは自営といったところでしょうか。
年齢も様々で転職を考えるタイミングさえ違ってくるでしょう。本当ならば転職しないという決断も必要かもしれません。
しかし色々と事情は出てきます。場合によっては転職を考える事が必要になったりもします。
そんな時他の仕事への転職のようにエージェントがいると非常に助かるはずです。なんだか聞こえとしては斡旋にも捉えられたりしますが。

今回実際そのエージェントへ相談して公務員に転職した方に話を聞くことが出来ました。
そもそも公務員転職エージェント(以下「エージェント」)なんているのでしょうか。
大手の転職をサポートする企業に相談すると、専門エージェントがいるとの事でした。
では何をサポートしてくれるのか?ですが、結果から言うと「どういった専門学校がいいか」を教えてくれるようです。まあ、教えて終わりではなく入学から公務員合格までをらしいです。

今の世の中、公務員専門学校というのは数多くあります。入れば絶対合格出来る訳ではなく、あくまでもサポートという形でしかありません。
テストを代わりに受けてくれたり答えなんて教えられませんからね。自分の努力が一番必要になります。
しかし、そのサポートによる成功率は学校間で違うようです。いわゆる公務員試験の合格率という事です。

公務員は普通都道府県毎に分けられ、さらに職種にも分けられるといったものです。
その事を受け、専門学校毎の公務員試験合格率も比較が出来るという訳です。
「ウチの学校は合格率○パーセント」とCMは打ちますが、それは受験者と学校との相性にもよります。
入学者が多いからそこへ入学すれば合格しやすいかと言うと、必ずしもそうではないようです。
こんな時エージェントの存在が大きな役割を果たすという訳です。
インターネット等情報は多く存在しますが、それを専門として相談できるエージェントにはやはり敵わないでしょう。

直接合格できる訳ではありませんが、合格の可能性を少しでも上げる事が可能ならばエージェントへの相談も一つの選択肢として考えるのもいいでしょう。
実際のところというのが聞けるかもしれません。

また、転職の年収交渉はエージェントが代行してくれますので、転職はエージェントを活用した方が年収アップ転職の確率がグンと上がります。

あまりあり得ない方がいい話ですが、今回は転職の失敗とその後について考えてみましょう。
公務員への転職を考えたわけですから、就きたい仕事(警察や消防等)でない限りは安定を一番に条件として求めたと言っても過言ではないでしょう。
大手企業が倒産や人員整理をする時代ですから当然の選択かもしれませんね。懸命であるとも言えます。

公務員に限らず転職は当然容易にはいかない訳ですが、公務員は尚の事狭き門であると言えます。
こんな時代だからこそなのですが、やはり中には専修学校に行く等して臨まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そうしてまで挑戦した公務員という目標に届かなかった時、どのようなその後が待っているのでしょうか。

昨日失職して明日受験するなんて簡単には届かない目標の公務員です。当然、皆勉強や下調べなりの期間を経てとなるはずです。
それがもし失敗なんてとんでもない話なのですが、100人いて皆がなれるものでもないというのが現実です。

それでも残されるのは「仕事をしなくてはいけない」という課題。それも皆平等に訪れる訳です。
悔いていても仕方ありません。次を見なくてはならないのです。

筆者も昔公務員を目指した経緯がありました。結果、叶わず今に至るのですが…。
自分に再度臨む機会や時間、金銭的余裕があるのであればもう一度挑戦するのもいいでしょう。
仕事は何かをしなくてはならないというのであれば、どうせなら就きたい(やりたい)仕事にと思うはずです。

失敗してみると、もしその挑戦が不可能だとすると人間は「自分には向かなかった」と理由をつけ諦める事も出来ます。私もそうでしたね。
どういう選択肢や選択の仕方でも構いませんが、やはり重要なのは自分が納得して物事を決めるという事でしょう。前述のような感じではなんかモヤモヤしそうです。

再度挑戦してみる、諦めるというよりは違う道を見る、それぞれ選択肢はあります。
数年経ちまた失敗しているかもしれません。成功していれば無駄にならなかった時間の経過もあるでしょう。
でも、その時自分を後悔の虫としないだけの決断をして、選択した道を進んでいければ無駄とはならないはずです。

公務員へ転職をする際の面接でよく聞かれる質問に「新卒の時になぜ公務員を選ばなかったのか?」というものがあります。
この質問に対してどのように回答をするのがベストなのでしょうか?
理由は人それぞれでしょう。
素直に一般企業でキャリアを積みたかったから、と回答をするのもよいですし、市役所に就職をすることが出来る、ということを知らなかった、ということであったり、市役所に転職をすることができると知ったので、など様々な回答例があります。

お金のことだけは言わないほうがよいでしょう。
金銭的なことを理由にしてしまうと、印象もあまりよくないです。
ですから収入のことは伏せておくとよいです。

また、転職の動機であったり、公務員に転職をしようと思った理由を求められることもあります。
その時に絶対に言ってはいけないのが、今までの一般企業の悪口です。
今の仕事に不満があるから、公務員への転職は逃げ道なのだと判断されてしまうこともあります。
そうならないためにも前職に対する不満を言わないようにしておきましょう。
一般的に「より役に立つ仕事がしたいと思っていたから」と回答をする人が多いようです。
実際に公務員で市役所勤務ともなると、利益を追求するのではなく、誰かの役に立つ仕事、ということになります。
そこに転職をする意味を求める人は多いです。

公務員の転職の面接の際には絶対にネガティブなことは言わないでおきましょう。
公務員に限らず、どんな仕事にも嫌なことはあります。
ネガティブな理由で公務員への転職を考えた、と面接で回答をしてしまうと、公務員の仕事を甘くみている、と受け取られてしまいます。
そのようなことがないように、できるだけ明るくポジティブな言葉で回答をするように心がけましょう。

公務員の面接対策を細かい部分まで知りたいと考えているのであれば、ウェブサイトで調べてみるとよいでしょう。
公務員の転職情報を専門に取り扱っている転職求人サイトもあります。
面接を乗り切るノウハウなどもチェックをすることが出来るようになっているので、かなり役立ちます。
ただし、定番となっているような回答をそのまま使ってしまうと、オリジナリティがなくなってしまいます。
ですからウェブサイトに記載されている面接対策をそのまま使うのではなく、自分の意見もしっかりと取りいれても自分なりの模範解答を作っておくとよいでしょう。
そうすることによって自分らしい面接をすることが出来るでしょう。

公務員は収入が安定をしており、倒産もないことから転職を希望する人も多いです。
しかし一般企業から公務員に転職をしたことにより、後悔をしたという声も多く聞きます。
理由は様々ですが、人間関係が必ずしも良好ではないということであったり、業績がよくなれば給与も上がる一般企業とは異なり、昇進をしなければ給与が上がることがない、ということもあります。
収入面で今までの仕事のほうがよかった、と後悔をする人と、就業の環境がよくなかったと感じる人がいます。

裁判官や検事など特殊な資格に合格をしていなければ就業をすることが出来ない公務員や警察や消防などの人命に関わる公務員の場合には、仕事にやりがいを見出すことが出来るかもしれません。
しかし役所勤務であれば、ストレスがかなり溜まると言われています。
そのストレスの影響によって、心を病んでしまう人も多いのです。
ですから、公務員になんて転職をしなければ良かった、という人もいます。

警察や消防の仕事に関しても、近年ではパワハラが問題になっていることもあります。
あまりよいイメージを持つことが出来ないという人もいます。
確かに一部ではありますが、ハラスメント問題が起きているところはあります。
警察や消防は肉体勝負でもあるので、体力が続かなくて退職を考えることになってしまう人もいます。
そうなると、やはり後悔に繋がってしまうでしょう。

収入に関してもよくもなく、悪くもなく、という感じが続くことがあります。
収入面で不安がある場合には、公務員よりも一般企業で仕事をしていたほうがある程度の収入をえることができます。
あのまま一般企業で仕事をしていたほうが良かった、と考えてしまう人も多いのだそうです。

やりがいについては市役所などの場合、苦情を受け付けたりすることも多いので、精神にダメージを受けることになってしまいます。
何を言われてもあまり気にしないで構えていられる人のほうが仕事はしやすいでしょう。
性格によっても公務員に転職をして後悔した、と感じることがあるようです。
何事もプラスに考えることが出来る人はやってみなければ分からない、と考えるようになるので、あまり後悔はしないようです。

公務員はストレスの塊だという人もいます。
仕事の内容、部署や担当によってもそのストレスの度合いは異なるでしょう。
それは公務員に限らず、仕事をしていれば、ストレスはかかってくるので割り切ったほうがよいようです。

民間企業に勤める人間にとって、公務員から転職なんて何考えてんの!?と思う方もいるでしょう。
実際は結構考える方もいるようです。
今回はこれについて考えてみましょう。筆者の意見も入ってしまっていたらすみません。

潰れる事はない公務員という人間を雇用している母体が国となります。
公務員が潰れたら当然国家も危ないというのはそうでしょう。とある国ではそんな話もあるようですね。

そんな潰れる事のない公務員から民間へ転職を考える方に聞くと、贅沢な話ではありますが「仕事に充実感が無い」等あるようです。息苦しかったりするのでしょうか。
民間なら充実感が得られるか?というのは必ずしもそうではありません。そうあれば一番なのですが…。
事務職、その他技術職含め公務員という仕事には色々な仕事内容があります。体を資本として必要とするもの等本当に様々です。学歴も比較的高い位置にあります。

ですが、民間の採用者や転職エージェントが共通して言う事があります。それは「考え方が民間にそぐわない」という事でした。
公務員としての年数にも大きく差が出てくるようですが、やはり温床で育った社会人というイメージが強いのです。民間が温床にいたらまず潰れます。

背後に潰れるか否かを持って働いている民間企業や自営の方には一定の覚悟が備わるからだそうです。
そこから考えると、例え同じ仕事を覚える期間にしても背負うものが公務員とそれ以外の人間とでは違います。上記の理由からです。
民間への転職をしたとして、それまで公務員としてやってきた実績で残るのは「真面目」という事ぐらいなようです。定時ではそうそう帰れませんからね。業務時間が毎日定時を超えると真面目だけでは乗り切れません。

夜勤の経験があったりと言うのはどちらも共通する仕事があります。それを真面目に精勤してきたという部分等あるでしょう。
でもそれが民間への転職後も真面目に続くかは疑問です。8時間で仕事が終わる保証もないためです。
それまで定時で仕事をしてきた人間、若しくは残業一つにしっかりとお給料を貰えていた人間にはサービス残業なんてあり得ないからです。

筆者の周りで公務員からの転職を多く聞くのが元自衛隊員という方です。
体力自慢という部分があるようですが、やはり仕事となると民間の「やり方」に疑問を持つ方が大半です。
職種によって苦楽は違いますが、世間的にも公務員から民間は無理とは言わなくても難しいというのが多くの意見である事を忘れてはなりません。
公務員であれ民間であれ大変なところはあるかもしれませんが、必ずしも共有できるものではないという事でしょうか。

高校を卒業し進学若しくは就職するという道が一般的でしょう。
民間企業に就職したとして、理由は千差万別あるとはいえ転職を考える方も少なくはないでしょう。
それが民間企業にいると将来を見据えて公務員への転職を考える方もいるはずです。
でも、学歴として高校卒業までの学歴しかない為に不安に思う方もいらっしゃると思います。
そんな時どういう道順で公務員へ転職をするのか?少し考えてみましょう。

学業から離れ数年、それぞれ差があるでしょうが転職を考えてから参考書を再度開くという方も多いでしょう。非常に困難だと思います。
20代というとやはり一般的にまだ若輩者と言われる通り、転職への思い付きは早いかもしれませんがその後を乗り切る意志や忍耐が十分に備わっているとは言えないでしょう。
その為という訳ではありませんが専門学校等が多くあります。
20代という年齢でもし公務員への転職を考えるのであれば専門学校への入学をする事をお勧めします。

確かに自分で勉強をして公務員への転職を成し遂げる事が出来る方もいるでしょう。
ですが、20代で公務員への転職を考えたのであればやはり成功をいち早く手繰り寄せる必要があるでしょう。

29歳でも20代です。もし20代のうちに公務員になる事が出来るのであれば、その後の一定の昇進も見込めると思います。
それなのにわざわざ公務員試験合格の可能性を下げ、数回受け合格。もしかしたら30代なんて誰も望まないでしょう。
場合によっては1回の挑戦で諦め他を見る事も必要となってきます。いつまでも、そしていつ受かるか分からない試験を延々と繰り返していては本当に無駄になります。
転職に取り組んでやはり半年から一年以内というのが妥当でしょう。
公務員試験に限らず、やはり入職に関わる試験にはある程度毎年流れがあります。それは自分で勉強していても、知る事には限界があります。
面接の訓練然りです。
こういった面を考慮しても公務員専門学校を検討したいものです。

地方公務員等に限定されますが、高学歴を必要としない為やはり試験での点数というのが大きな基準になってきます。
20代とはまだ比較的学ぶ事に対して体は柔軟に対応してくれます。
20代だからこそこういった専門学校等へも入りやすい状態でもあるでしょう。

学歴はそれぞれ違うものです。年齢や状況を判断して最善の方法で公務員を目指す事が必要となるでしょう。

転職を考える上で遅いか早いかは正直分かりません。
こんな時代だからこそ、いつでも転職の可能性はあり誰にもリスクがあります。
30代となると一般的には結婚等の人生の転機が見えたりもします。仕事においてもそうでしょう。
年齢に関係なく常に色々考えなくてはならないのですが、社会人として10年近くの経験を積んだ30代では仕事への疑問から今後を見据え転職を考える方も多いようです。
そこで転職の目標を公務員に定める方もいるでしょう。今回は30代で公務員を目指すその時を書いてみます。

30代ですから前述の通り社会のイロハもある程度分かり、転職の難しさも分かっているはずです。
そこであえて公務員を目指す訳ですから、ある程度の遠回りも必要になるかもしれません。

公務員を目指す上で絶対必要なのは「試験」がある事です。税金を基にお給料を頂く訳ですから一定の能力を求められるのは当然でしょう。
参考書を買い自分で勉強する方法もありますが、専門学校に入るという方法もあります。
あまり知られていない?ようですが、30代でも入学可能な公務員専門学校があるという事です。
30代になるまで仕事をしてきている訳ですから、ある程度の貯蓄がありこういった学校に入って試験対策とする方法も可能です。

自分で転職を目指した事、しかも公務員となればある程度の覚悟はしているかもしれませんが、やはり一旦は勉強という遠回りをしなくてはならない訳ですから大変な事は言うまでもないでしょう。
目的としている公務員の種類にもよりますが、1からのスタートとなり下積みも必要となります。
こういった面を考慮しておかなくては、たとえ公務員になれたとしても続かないというリスクもはらんでいます。この度合は職種で大きく違ってきます。

知識や経験を備えている30代ではあるものの、やはり身体的・精神的な面は20代より劣る部分もあります。
逆に30代である事で面接等が有利に進められたりといったメリット的な面もあります。

転職を考えるのインスピレーション的な部分で思いついたりするでしょう。
ですが、その転職を為したその後の全体像までをイメージしなくては大きなリスクが隠れているという事を忘れてはなりません。

公務員を目指す場合、一般企業に就職をしてから転職をして希望の仕事に就くという方法もあります。
公務員試験に1回で合格をすることができなかった、ということもあるでしょう。
一般企業に就職をしてから、勉強をして何度も公務員試験にチャレンジをする、という人もいます。
そこまで公務員にこだわる理由は何でしょうか?

安定をした収入を得ることが出来るからということもあるかもしれません。
利益を追求するような一般企業の仕事とは違い、利益ではなく市町村民の生活に密着をした仕事になります。
利益ではなく、誰かの役に立つ仕事をする、ということになるのです。
利益を追求する仕事は競争の世界でもあるので、心身ともに疲弊をしてしまうでしょう。
焦るような仕事をしたくはない、競争をする仕事をしたくはないと考えている人が公務員への転職を選ぶ傾向があるようです。

実際に転職をする理由というのは、人それぞれでしょう。
しかし一般企業ではなく、公務員を選んだその理由は面接でも聞かれることがありますし、人材を採用する際にとても大きなポイントとなります。
何故公務員を選んだのか、その理由を分かりやすく、そしてポジティブな印象を与えることが出来るようにしておく必要があります。

ネガティブなことはけして言わないように注意をしましょう。
また転職なので、公務員になってからも再び転職をするのではないか、と思われないように、今後はずっと公務員として就業をしていく、という覚悟を持ったほうがよいでしょう。
仕事をしてみると公務員の仕事に誇りを持つことが出来るかもしれません、
部署もいくつも経験することができるかもしれません。

最初から公務員として仕事をしている人よりも、一般企業で仕事をしたことのある人のほうが細かいところまで配慮をすることができたり、仕事の締切にも余裕を持って対応をしてくれることがあります。
一般企業からの転職ということが有利となる可能性もあります。

一般企業から公務員に転職をした理由を問われても、なんと回答をしたらいいのか分からないという人もいるかもしれません。
しかし何かの理由はあるはずです。
理由がなければ転職なんてしないでしょう。
その理由がネガティブなものであれば、ポジティブに感じることが出来る言葉でまとめてみるとよいです。
回答が見つからなくても、必ず理由はあるはずなので、まずは理由を箇条書きにしてみるとよいでしょう。
そこから文章にしていくと分かりやすい文章を作ることができます。

公務員になるためには公務員試験に合格をしなければいけません。
一般企業からの公務員への転職を考えているのであれば、どのような勉強をすればいいのでしょうか?
一般企業に就職をしてから公務員へ転職をする場合、社会人経験があるということから即戦力になると考えられます。
そのような即戦力になるような人材を求めることもあるのです。

しかし公務員試験に合格をしなければいけないということもあるので、夜間の専門学校や通信教育を利用してみるとよいでしょう。
独学でも対応をすることはできますが、限界があるのでしっかりと指導を受けたほうがよいでしょう。
ただし頑張りすぎないことも大事です。
昼間は仕事をして、夜公務員試験の勉強をするというサイクルの場合、勉強を頑張りすぎて、仕事に支障をきたすようなことがあっては大変です。
ですから何時まで勉強をする、というように勉強に使うことが出来る時間に制限を設けておくとよいでしょう。
そうすることによって無理のない試験対策を行うことができます。

資格試験に合格をするために通う、専門性の高い学校もあります。
仕事をしていても通うことが出来るというメリットがあるので、通いきれなくなって困るということもありません。
専任の講師がついているので、分からないことがあった場合にも迅速に対応をしてくれます。
そのようなスクールを活用することによって、公務員試験への合格の道が拓けますし、転職もスムーズに行うことが出来るでしょう。

ただしこれは市役所などの事務的な仕事への転職をしたいと考えた人の場合です。
警察官や消防士、裁判官や検事も公務員ですが、これらは専門の教育期間を経て、就業をすることが出来ます。
警察官も消防士も体力勝負という部分があるので、基礎体力がない人は転職をしたいと考えていても、難しいところがあります。
ですから、子どものころから警察官や消防士になりたいと考えていて、転職を決めた場合には出来るだけ早い時期から考えたほうがよいでしょう。
年齢によってはかなり厳しくなることがあります。

裁判官や検事は司法試験に合格をしなければいけない、ということがあるので、かなりハードルは高いです。
司法修習生になって勉強を積み重ねなければいけません。
しかも司法修習生の中で成績が上位に入っていなければ、裁判官にはなれません。
検事も成績が影響をしてくるので、かなり厳しいです。

公務員の仕事は幅があるので、自分がなりたいと考えている仕事についての情報収集も大切です。

民間企業で仕事をしている場合、業績の悪化などでリストラに遭う可能性もあります。
そうなると生活の厳しくなりますし、転職をしなければいけなくなります。
ある程度年齢を重ねてからの転職というのは、かなり厳しいので倒産などが起こらないようなところでの仕事を考えてみるのもよいかもしれません。

倒産が起きない仕事といえば、公務員です。
公務員と言っても様々な仕事があるので、どういう仕事が自分には向いているのか、ということを考えてみるのもよいでしょう。
役所の仕事というのは、比較的残業も少ないので希望をする人も多いです。
しかしそうなると希望をする人が殺到をしますし、中々退職をしないということもあります。
昔から役所に就職をする際にはコネがなければいけないということがあるのだそうです。
そうなると、公平な目で見てくれないかもしれない、という不安も付きまといます。

役所以外に考えているのであれば、消防士や警察官がありますが、これらの仕事は特殊な訓練を受けた上で研修を行ったりしなければいけないので、かなり大変です。
また体力勝負ということもあるので、若い人のほうが重宝される傾向もあります。
若いうちに消防士や警察官などの公務員を目指すというのは、考えられることですし、性格によって向き不向きもあるので早期に自分の適性を知ることも出来るようになります。

民間企業から公務員への転職は全くない、というわけではありません。
実際に公務員試験を受けて、合格をすれば転職への道は開けてくるでしょう。
試験に合格をしなければ、何も始まりません。
専門の勉強をする必要があります。

また公務員は批難されることもたくさんあります。
税金で給与を出してもらっているので、そのあたりの自覚も必要となります。
災害時には勤務時間なども関係なく、走り回らなければいけないので大変な仕事であることも自覚しなければいけません。
公務員イコール楽な仕事という考えを持っている人もいますが、けして楽な仕事ばかりではありません。

倒産をすることはありませんが、大きな業績アップを狙うことも出来ません。
一定の給料を受けとるということになるのです。
そのほうが安定をしているということができます。

最近では公務員への転職を支援してくれるような専門のウェブサイトもあるので、利用をしてみるとよいでしょう。
資格についての質問なども受けてくれるので、公務員になるために必要となるノウハウも聞くことが出来るでしょう。